一口に医療専門職といっても、さまざまな種類があります。
まずは、医師や看護師です。介護職における医師の役割は、治療や診察だけでなく介護者の健康状態について日常的に把握をして、看護師などに適切な指示を出すことも求められます。一般的な病院の医師とは異なり、アドバイザーに近い存在といえるでしょう。看護師の役割は、医師の仕事のサポートをしながら医療の専門知識を用いて、介護者のケアを行うのが主な仕事になります。施設での医療は、通常の病院と異なり医師の絶対数が少ないため、看護師がメインとして動くことも多く重要な役割を担っているといえます。
次は、リハビリ専門職についてです。これは、介護者が行うリハビリを専門に担当する仕事です。リハビリ専門職には、肉体的なリハビリから認知症治療まで多くの種類があって、それぞれ専門にする療法士がいます。施設によって人数は異なりますが、基本的にどこの施設でも最低2人はリハビリ専門の療法士が常駐し、中心になってプログラムを実行していきます。日々の介護生活の中で、特に重要といえる食事の管理行う管理栄養士も重要な仕事です。管理栄養士は、介護者の体調や病気について常に把握をして、その人に合った食事を作らなくてはいけません。食事には健康の維持や回復といった目的もあるので、他の療法士や看護師と共にメニューについての意見交換を行うこともあります。このように、さまざまな専門の療法士が協力し合うことで介護の現場は動いているのです。